データをバッファリング - Cloud - 8.0

Buffer

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Buffer components
データガバナンス > サードパーティーシステム > Buffer components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Buffer components

このシナリオでは、親ジョブによってバッファリング済みデータが標準出力コンソールに表示される一方で、子ジョブのデータをバッファリングする意図的に基本的なジョブについて説明します。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • 2つのジョブを作成します。最初のジョブ(BufferFatherJob) は2番目のジョブを実行し、その内容を[Run] (実行)コンソールに表示します。2番目のジョブ ([BufferChildJob]) は、定義されたデータをバッファーメモリに保管します。

  • 最初のジョブで、[Palette] (パレット)からtRunJobおよびtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします

  • 2番目のジョブで、同様にtFileInputDelimitedおよびtBufferOutputコンポーネントをドロップします。

まず2番目のジョブのパラメーターを設定してみましょう:

  • [Component] (コンポ―メント)ビューの[Basic Settings] (基本設定)タブでtFileInputDelimitedを選択し、アクセスパラメーターを入力ファイルに設定します。

  • [File Name] (ファイル名)で、バッファリングするデータを含む区切りファイルを参照します。

  • [Row] (行)[Field separators] (フィールド区切り)、および[Header] (ヘッダー)を定義します。

  • tBufferOutputコンポーネントに渡されるデータの[Schema] (スキーマ)について説明します。

  • tBufferOutputコンポーネントを選択し、[Component]ビューの[Basic Settings] (基本設定)タブでパラメーターを設定します。

  • 通常、スキーマは入力コンポーネントからプロパゲートされ、自動的にtBufferOutputスキーマに送られます。ただし、必要に応じてスキーマの一部をバッファリングすることもできます。

  • ここで他のジョブ([BufferFatherJob])デザインで、tRunJobコンポーネントのパラメーターを定義します。

  • 該当する場合はスキーマを編集し、表示するカラムを選択します。スキーマは、バッファリングされたスキーマと同一である場合もありますが、異なる場合もあります。

  • また、今回の実行で使用する特定のコンテキストパラメーターを定義することもできます。今回のこのユースケースでは、分かりやすくするため、特定の設定を持たないデフォルトのコンテキストを使用しています。

[F6]を押して、親ジョブを実行します。tRunJobで子ジョブを実行し、データを標準コンソールに返します。