入力コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

Business rules

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. tFileInputExcelをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、そのコンポーネントプロパティを定義します。
  2. [Property type] (プロパティタイプ)リストで[Built-in] (組み込み)を選択し、その後に続くフィールドに入力します。
  3. [File Name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ソースファイルを参照しながらパスと名前を設定します。
    この例で使われているソースファイルはbrmsInputと呼ばれ、候補データを保持します。
    制約事項: 8.0 R2022-09バージョンより、tBRMSコンポーネントでXLSX形式がサポートされています。それより古いバージョンをお使いの場合は、[Read excel2007 file format(xlsx)] (Excel2007ファイル形式(xlsx)を読み取る)を選択しないでください。
  4. 必要に応じて、tFileInputExcelを右クリックし、[Data viewer] (データビューアー)を選択して入力データのプレビューを表示します。
  5. Excelファイルのすべてのシートからデータを取得するには、[All sheets] (すべてのシート)チェックボックスをオンにします。
  6. [Schema] (スキーマ)リストから[Built-in] (組み込み)を選択し、[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、ソースデータの構造を定義します。この例では、候補の入力情報として5つのカラムが定義されています。
  7. [OK]をクリックして変更を確定し、ダイアログボックスを閉じます。