従来のデータベースのCDC - Cloud - 8.0

Change Data Capture

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

Talendは、従来のリレーショナルデータベースのすべてにCDCサポートを提供します。Talendは、パブリッシャーが変更データをキャプチャし、サブスクライバーが利用できるようにするサブスクライバー/パブリッシュアーキテクチャーを使用します。2つの主要なCDCモードは、トリガーモードと再実行/アーカイブログモードです。ソースデータの変更をキャプチャするために再実行/アーカイブモードを使用するOracleを除いて、ほとんどすべてのリレーショナルデータベースはトリガーモードを使用します。

トリガーモードを機能させるには、データベースがCDCで既に有効になっている必要があります。これは通常、そのデータベース内のストアドプロシージャによって実行されます。たとえば、SQL Serverでは、CDCは sys.sp_cdc_enable_dbを実行することで有効になります。

Talendが機能するには、CDCに独自のメタデータが必要です。これらは、変更のテーブルを追跡する[SUBSCRIBER] (サブスクライバー)テーブルと、テーブル自体のデータへの変更を追跡する[Change] (変更)テーブルです。これは主に、リポジトリーにCDCメタデータを作成し、Talend CDCコンポーネントのメタデータを使用することによって行われます。Talendは、tOracleCDCtAS400CDCtDB2CDCなどのCDCコンポーネントを提供します。

チェンジデータキャプチャーの詳細は、Talend Data Fabricユーザーガイドを参照してください。

チェンジデータキャプチャーの詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)でTalend Data Fabricユーザーガイドを参照してください。

CDCは、レコードが最後に更新された日時を保存することによっても実現できます。次に、フィルターをソースシステムの抽出レイヤーに適用できます。