ステップ 3: ビューを作成して最終レポートテーブルにロードする - Cloud - 8.0

Change Data Capture

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
このステップでは、ベーステーブル[employee] (従業員)および外部テーブルemployee_extnlの上にビューを作成し、最新のデータのみが表示されるようにします。次に、このビューを最終的なレポートテーブルにロードして、データのサブスクライバーがこれにアクセスできるようにします。

手順

次のSQLを使用します:
CREATE VIEW employee_view AS

SELECT t1.* FROM

 

(SELECT * FROM employee

    UNION ALL

    SELECT * FROM employee_extnl) t1

JOIN

    (SELECT employeeid, max(record_datetime) max_modified FROM

        (SELECT * FROM employee

        UNION ALL

        SELECT * FROM employee_extnl) t2

    GROUP BY employeeid) s

ON t1.employeeid = s.employeeid AND t1.record_datetime = s.max_modified;

ビューの結果は次のとおりです。

ビューは最新のデータのみを生成します。