tMSSqlCDCの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Change Data Capture

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
Last publication date
2024-02-28

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtMSSqlCDCを設定するために使われます。

標準tMSSqlCDCコンポーネントは、データベースファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、DB Genericコンポーネントをご覧ください。

基本設定

データベース

目的のデータベースタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用する場合は、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから、目的の接続コンポーネントを選択します。

注: ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている時は、親ジョブと子ジョブの間の既存の接続を共有したい場合(たとえば、親ジョブで作成した接続を子ジョブと共有するなど)には、次のように実行します。
  1. 親レベルで、共有するデータベース接続を、そのデータベース接続そのものを作成する接続コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューに登録します。
  2. 子レベルで、登録済みのそのデータベース接続を読み取るために専用の接続コンポーネントを使用します。

ジョブレベル全体でデータベース接続を共有する方法の例は、データベース接続を共有をご覧ください。

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

  • [Built-in] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。
  • [Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。
警告: 関連するボタンをクリックしてDBタイプをリセットし、CDC接続を選択します。

[JDBC Provider] (JDBCプロバイダー)

使うJDBCドライバーのプロバイダー、[Microsoft] (マイクロソフト) (デフォルト、推奨)または[Open source JTDS] (オープンソースJTDS)を選択します。

Microsoftを選択した場合は、SQL Server用Microsoft JDBCドライバーを[Microsoftダウンロードセンター]からダウンロードし、ダウンロードしたzipファイルを解凍し、解凍したフォルダーからお使いのJREバージョンに基づいてjarを選択し、jarの名前をmssql-jdbc.jarに変更し、手動でインストールする必要があります。jarの選択については、Microsoftダウンロードセンターでシステム要件情報をご覧ください。

このコンポーネントを Talend Runtimeでデータソースと併用する場合は、[Open source JTDS] (オープンソースJTDS)ドライバーを使用する必要があります。

[Host] (ホスト)

使うデータベースサーバーかAzure Synapse AnalyticsのIPアドレスまたはホスト名を指定します。

サーバーが存在するマシンでSQL Server Browserサービスが実行中である場合は、このフィールドにホスト名とインスタンス名を{host_name}\{instance_name}という形式で指定すれば、TCPダイナミックポートを通じてネームドインスタンスに接続できるようになります。この場合は[Port] (ポート)フィールドを空白のまましておきます。関連情報は、SQL Server Browser serviceをご覧ください。

[Port] (ポート)

使うデータベースサーバーかAzure Synapse Analyticsのリスニングポート番号を入力します。

サーバーが存在するマシンでSQL Server Browserサービスが実行中である場合は、[Host] (ホスト)フィールドにホスト名とインスタンス名を入力し、このフィールドを空にしておけば、TCPダイナミックポートを通じてネームドインスタンスに接続できるようになります。関連情報は、SQL Server Browser serviceをご覧ください。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

[Schema] (スキーマ)

スキーマの名前。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

認証データを入力します。

パスワードを入力するためには、[Password] (パスワード)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Additional JDBC Parameters] (追加のJDBCパラメーター)フィールドにintegratedSecurity=trueを追加し、これら2つのフィールドを空にしておけば、Windows[Type 2 integrated authentication] (タイプ2のインテグレーション認証)を使用できるようになります。関連情報は、Building the connection URLConnecting with integrated authentication On Windowsというセクションをご覧ください。

[Schema using CDC] (CDCを使うスキーマ)および[Edit Schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

警告: 関連するボタンをクリックしてDBタイプをリセットし、CDC接続のスキーマを選択します。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Table name] (テーブル名)

データに加えられた変更を取り込むソーステーブルを選択します。

[Subscriber] (サブスクライバー)

変更テーブルを使用するアプリケーションの名前を入力します。

[Events to catch] (取得するイベント)

[Insert] (挿入): このチェックボックスをオンにすると、前回の抽出以降に変更テーブルに挿入されたデータを取得できます。

[Update] (アップデート): このチェックボックスをオンにすると、前回の抽出以降に変更テーブルでアップデートされたデータを取得できます。

[Delete] (削除): このチェックボックスをオンにすると、前回の抽出以降に変更テーブルで削除されたデータを取得できます。

[Limit] (制限事項)

サブスクライバーが変更テーブルから実行するたびに復元できる、消費される行の最大数。

詳細設定

[Additional JDBC parameters] (追加のJDBCパラメーター)

作成するデータベース接続の接続の追加プロパティを指定します。このオプションは、[Basic settings] (基本設定)[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンになっている場合は利用できません。

[Keep data in CDC table] (CDCテーブルにデータを保持) このチェックボックスをオンにすると、参照後も1つ以上のターゲットシステムで変更を使用できます。

[Trim all the String/Char columns] (すべての文字列/文字カラムをトリミング)

文字列を含むすべてのカラムでフィールドの先頭または末尾にあるスペースを削除するには、このチェックボックスをオンにします。

[Trim column] (カラムをトリミング)

定義されたカラムから先頭や末尾の空白を削除します。

注: [Trim all the String/Char columns] (すべての文字列/文字カラムをトリミング)の選択を解除して、このフィールドのトリミングカラムを有効にします。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

[Enable parallel execution] (並列実行を有効化)
このチェックボックスをオンにすると、複数のデータフローを同時に処理することにより、高速データ処理を実行できます。このフィーチャーは、データベースまたは複数の挿入を並行して処理するアプリケーションの機能と、関係するCPUの数に依存していることにご注意ください。[Number of parallel executions] (並列実行の数)フィールドで次のいずれかの操作を行います。
  • 実行する並列実行の数を入力する。
  • Ctrl + スペースを押して、リストから適切なコンテキスト変数を選択する。コンテキスト変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

並列実行を有効にすると、グローバル変数を使ってサブジョブで戻り値を取得することはできないことにご注意ください。

  • [Action on table] (テーブルでのアクション)フィールドは、並列化機能では利用できません。したがって、テーブルを作成する場合は、tCreateTableのコンポーネントを使用する必要があります。
  • 並列実行を有効にすると、グローバル変数を使ってサブジョブで戻り値を取得できません。

グローバル変数

グローバル変数 

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、開始コンポーネントとして使用されます。出力コンポーネントと行[Main] (メイン)リンクが必要です。