ソースおよびターゲットテーブルからデータを取得する - Cloud - 8.0

Change Data Capture

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

手順

  1. 最初のtOracleInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、XStreamアウトバウンドサーバーの設定に使用するOracleデータベースに対応する接続メタデータ(このサンプルではOracle12_XStreamOut)を選択します。接続タイプ、データベースバージョン、およびその他の接続の詳細情報は、自動的に入力されます。
    [Schema] (スキーマ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、ソーステーブルを[Repository] (リポジトリー)から選択します。このサンプルでは、PERSONです。
  3. [Query] (クエリー)フィールドに次のSQLステートメントを入力し、ソーステーブルからすべてのデータを取得します。
    select * from PERSON
  4. 2番目のtOracleInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、XStreamインバウンドサーバーの設定に使用するOracleデータベースに対応する接続メタデータ(このサンプルではOracle12_XStreamIn)を選択します。接続タイプ、データベースバージョン、およびその他の接続の詳細情報は、自動的に入力されます。
    [Schema] (スキーマ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、ターゲットテーブルを[Repository] (リポジトリー)から選択します。このサンプルでは、PERSON_BAKです。
  6. [Query] (クエリー)フィールドに次のSQLステートメントを入力し、ターゲットテーブルからすべてのデータを取得します。
    select * from PERSON_BAK
  7. 最初のtLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択して、結果を読みやすくします。
  8. 同じように2番目のtLogRowを設定します。