tCloudStop標準プロパティ - Cloud - 8.0

Cloud

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > クラウド
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > クラウド
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > クラウド

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtCloudStopを設定するために使います。

[Standard] (標準) tCloudStopコンポーネントは、Cloudファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Access key] (アクセスキー)および[Secret key] (シークレットキー)

AmazonがWebサービスへのリクエストを認証するために必要とするアクセスキーとシークレットキーを入力するか貼り付けます。これらのアクセス認証情報は、Amazonアカウントページのセキュリティ認証情報ビューから生成されます。

シークレットキーを入力するには、シークレットキーフィールドの横の[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにシークレットキーを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Cloud provider] (クラウドプロバイダー)

使うクラウドプロバイダーを選択します。

[Action] (アクション)

特定のインスタンスのステータスを変更するためにtCloudStopが実行する必要があるアクションを選択します。このアクションは次のとおりです。
  • [Suspend] (停止)

  • [Resume] (再開)

  • 終了

インスタンスを終了すると、このインスタンスは削除されますが、一時停止されたインスタンスは再開できます。

述語

ステータスを変更する必要があるインスタンスを選択します。オプションは次のとおりです。
  • [Running instances] (実行中のインスタンス): 実行中のすべてのインスタンスのステータスが変更されます。

  • [Instances in a specific group] (特定のグループのインスタンス): 特定のインスタンスグループのインスタンスのステータスが変更されます。そのグループの名前を[Group name] (グループ名)フィールドに入力する必要があります。

  • [Running instances in a specific group] (特定グループ内の実行中のインスタンス): 特定のインスタンスグループの実行中のインスタンスのステータスが変更されます。そのグループの名前を[Group name] (グループ名)フィールドに入力する必要があります。

  • [Instance with predefined id] (事前定義されたIDによるインスタンス): 特定のインスタンスのステータスが変更されます。IdフィールドにそのインスタンスのIDを入力する必要があります。このIDはAmazon EC2で確認できます。

インスタンスグループは、tCloudStart[Instance name] (インスタンス名)フィールドで定義したのと同じインスタンス名を使うインスタンスで構成されます。

グループ名

セキュリティグループ名またはキーペア名がtCloudStartコンポーネントでjclouds#<$group_name>に設定されている特定のインスタンスのステータスを変更するグループの名前を入力します。ここで<$group_name>は、インスタンスが属するグループを識別します。

このフィールドは、[Instances in a specific group] (特定グループ内のインスタンス)または[Running instances in a specific group] (特定グループ内の実行中のインスタンス)[Predicate] (述語)リストから選択されている場合にのみ使えます。

ID

ステータスを変更する必要があるインスタンスのID (たとえば、"${region}/${instance id}")を入力します。このフィールドは、[Predicate] (述語)リストから[Instance with predefined id] (事前定義されたIDによるインスタンス)を選択すると表示されます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントはスタンドアロンで動作し、Amazon EC2上の特定のインスタンスのステータスを変更します。このコンポーネントを使って、ジョブをデプロイしたインスタンスを停止、再開、または終了できます。

このコンポーネントは多くの場合tCloudStartと連携して、後者のコンポーネントによって起動されたインスタンスのステータスを変更します。