ジョブを作成 - Cloud - 8.0

CosmosDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > CosmosDBコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > CosmosDBコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > CosmosDBコンポーネント

手順

  1. Talend Studioを起動し、空のジョブを作成します。
  2. ジョブで使用するコンポーネントを[Palette] (パレット)からドラッグし、デザインワークスペースにドロップします。
  3. 上の図のようにコンポーネントを接続させます。
    • デザインワークスペースへのコンポーネントの配置は、デザインワークスペースでいずれかの空の領域をクリックし、コンポーネント名前の一部か完全名を入力し、コンテキストメニューでコンポーネントを選択し、コンポーネントをダブルクリックしてEnterキーを押す方法もあります。
    • 行(メイン)接続を使って2つのコンポーネントを接続させるためには、最初のコンポーネントを右クリックし、[Row] (行) > [Main] (メイン)をクリックして、2番目のコンポーネントをクリックします。
    • OnSubjobOk接続を使って2つのコンポーネントを接続させるためには、最初のコンポーネントを右クリックし、[Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)をクリックして、2番目のコンポーネントをクリックします。
    • デザインワークスペースのコンポーネントには一意のラベルが割り当てられます。コンポーネントにカスタムラベルを割り当てるためには、コンポーネントを選択し、[View] (表示)ビューに切り替えて、[Label format] (ラベル形式)フィールドにカスタムラベルを入力します。
    注: このシナリオでは、上の図にあるラベルを使ってコンポーネントが参照されます。