tCosmosDBConnectionの標準プロパティ - Cloud - 8.0

CosmosDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > CosmosDBコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > CosmosDBコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > CosmosDBコンポーネント

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtCosmosDBConnectionを設定するために使われます。

[Standard] (標準) tCosmosDBConnectionコンポーネントは、Cloudファミリーとデータベースファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

基本設定

API

使うデータベースAPIを選択します。定義が必要な対応するパラメーターが、[Component] (コンポーネント)ビューに表示されます。

このコンポーネントの現在のバージョンでは、MongoDB APIのみがサポートされています。このため、MongoDBデータベースはCosmosDBのコンポーネントのドキュメンテーションで頻繁に触れられています。

[Use replica set address or multiple query routers] (レプリカセットのアドレスまたは複数クエリールーターを使用します)

このチェックボックスをオンにして[Server addresses] (サーバーアドレス)テーブルを表示します。

[Server addresses] (サーバーアドレス)テーブルで、接続先とする共有のMongoDBデータベースまたはMongoDBレプリカセットを定義します。

[Server] (サーバー)[Port] (ポート)

データベースサーバーのIPアドレスとリスニングポート番号を入力します。

[Use replica set address or multiple query routers] (レプリカセットのアドレスまたは複数クエリールーターを使用します)チェックボックスがオフの時に利用できます。

[Database] (データベース)

接続先とするMongoDBデータベースの名前を入力します。

[Authentication mechanism] (認証メカニズム)

Kerberosを使用していない場合は、[Authentication mechanism] (認証メカニズム)ドロップダウンリストにリスト表示されているメカニズムのうち、[NEGOTIATE]が推奨されます。使用しているMongoDBバージョンに最もよく対応している認証メカニズムが自動的に選択されるためです。

このリスト内の他のメカニズムについては、MongoDBのドキュメンテーションでMongoDB Authenticationをご覧ください。

[Set Authentication database] (認証データベースの設定)

MongoDBへの接続に使用するユーザー名がMongoDBの特定の認証データベース内で作成済みの場合は、このチェックボックスをオンにして、表示される[Authentication database] (認証データベース)フィールドに、この認証データベースの名前を入力します。

MongoDB認証データベースについては、User Authentication databaseをご覧ください。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

DBユーザー認証データ。

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Use authentication] (認証の利用)チェックボックスがオンの場合に使えます。

[Authentication mechanism] (認証方式)ドロップダウンリストでKerberosをセキュリティシステムに選択した場合は、[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)のフィールドではなく、[User principal] (プリンシパルを使用)[Realm] (レルム)[KDC server] (KDCサーバー)のフィールドに入力します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

[No query timeout] (クエリータイムアウトなし)

アイドルカーソルの非アクティブ状態が10分間続いた時にMongoDBサーバーがカーソルを停止することを防ぐには、このチェックボックスをオンにします。この状況では、このカーソルの結果が枯渇するか、またはcursor.close()方式を使用して手動で閉じるまで、アイドルカーソルが開いたままとなります。

MongoDBのカーソルはクエリーの結果セットを指すポインターです。デフォルトでは、すなわち、このチェックボックスがオフの場合、MongoDBサーバーは、メモリの過剰使用を避けるために、非アクティブ状態が特定の期間続くと、アイドルカーソルを自動的に停止します。MongoDBカーソルの詳細は、https://docs.mongodb.org/manual/core/cursors/をご覧ください。

[Apply optional attributes] (オプション属性を適用する)

確立する接続のオプション属性を設定および適用するには、このオプションを選択します。

[Optional attributes] (オプションの属性)テーブルで、下部の[+]ボタンをクリックして行を追加し、[Name] (名前)カラムのドロップダウンリストから目的の属性を選択して、[Value] (値)カラムで属性の値を設定します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは通常、他のCosmosDBコンポーネント、特にtCosmosDBCloseと共に使われます。