互換性があるJavaランタイム環境 - 8.0

Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-01-26
Talend Data Catalogを使うには、Javaがコンピューターにインストールされている必要があります。次の表は、サポート対象のJavaランタイム環境に関する情報を示しています。

このドキュメンテーションで使用されている用語は次のとおりです。

  • 推奨: 経験とカスタマー事例に基づいてTalendにより推奨される環境を示します。
  • サポート: リストされているコンポーネントまたはサービスの使用においてサポートされる環境を示します。
  • 制限付きでサポート: メモで説明されている特定の条件付きでTalendによってサポートされる環境を示します。
サポートタイプ JREバージョン メモ
推奨 OpenJDK 11 - 64ビット OpenJDK 11はTalend Data Catalogに組み込まれているのでセットアップが不要です。
注: Talendは組み込みJREをサポートしていません。
注: JavaブリッジはJRE 8と互換性を持つようコンパイルされています。これは、OpenJDK 11と必ずしも互換性を持つとは限らないツールのSDKに依存しているJavaブリッジがあるためです。通常、ツールの古いSDKは古いバージョン(Java 8など)でしか動作しません。このような場合、ブリッジは代わりにツールソフトウェアにバンドルされているJREで自動的に実行しようとします。これが不可能であれば、ブリッジでは、ブリッジのMiscellaneousパラメーターで互換性を持つJREを手動で指定できるようになっています。OpenJDK 11との互換性に問題のあるツール用のブリッジには、少なくともOracle Data IntegrationとSAP BusinessObjectsが含まれています。
他のJavaランタイム環境(IBM Javaなど)は手動によるインストール/セットアップが必要であるため、このバージョンではサポートされていません。