リモート収集サーバーを設定 - 8.0

Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-01-26

統合型のメタデータ収集ソリューションによって、サードパーティデータベース、データモデリング、データ統合、ビジネスインテリジェンスといったツールからメタデータを収集できます。

デフォルトでは、インストーラーソフトウェアによってTalend Data Catalogとメタデータ収集ソリューションの両方が同じマシンにデプロイおよび設定されます。Talend Data Catalogアプリケーションサーバーはこのマシンでローカルにメタデータ収集Webサービスにアクセスします。

また、メタデータ収集ソリューションをリモート収集サーバーとして別のマシンにインストールして設定することもできます。

Talend Data Catalogアプリケーションサーバーで外部のツールクライアントソフトウェアをローカルに利用できない場合は、リモート収集サーバーをインストールしてそのクライアントソフトウェアを利用できるようにします。

たとえばTalend Data CatalogサーバーがLinuxにデプロイされているものの、Microsoft Windowsでのみサポートされているブリッジを使ってメタデータを収集する必要があるとします。

ライセンスが必要ではないこと、そしてWebベースのユーザーインターフェイスが利用できないことを別にすれば、リモート収集サーバーのインストールはアプリケーションサーバーへのTalend Data Catalogのインストールと同等です。

リモート収集サーバーを使ってメタデータを収集する場合は、次の操作が必要です。
  • リモート収集サーバーをインストールして設定

    Dockerを使ってリモート収集サーバーをデプロイするか、手動で設定します。

  • Talend Data Catalogのサーバーのリストにリモート収集サーバーを追加
警告: セキュリティ上の理由から、リモート収集サーバーへのアクセスはTalend Data Catalogアプリケーションサーバーに限定することが非常に重要です。リモート収集サーバーへのインバウンドアクセスを確保できるよう、ファイアウォールを使用することをお勧めします。