ジョブを設定して実行 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
ジョブを正しく実行するには、必要に応じてコンポーネントを設定します。

手順

  1. [tFileInputRaw Basic Settings] (tFileInputRaw基本設定)タブで、[Filename] (ファイル名)フィールドに作成したXSL入力ファイルのファイルパスを指定します。
  2. [thMap Basic Settings] (thMap 基本設定)タブで、[Map Path] (マップパス)フィールドに作成したTalend Data Mapperマップを指定します。
  3. [tFileOutputRaw Basic Settings] (tFileOutputRaw基本設定)タブで、[Filename] (ファイル名)フィールドに"/tmp/out.html"を指定します。
  4. [tXSLT Basic Settings] (tXSLT基本設定)タブで、次の値を指定します。
    • [XML file] (XMLファイル): 前に作成したXML入力ファイルのファイルパスを指定します。
    • [XSL file] (XSLファイル): 前に作成したXSL入力ファイルのファイルパスを指定します。
    • [Output file] (出力ファイル): フィールドに"/tmp/out.html"を指定します。
  5. [Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。