コンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

ジョブの実行前に、必要な設定の詳細を追加するコンポーネントを設定します。

手順

  1. 3つのカラムをtRowGeneratorコンポーネントに追加します。
  2. 3つのカラムをtLogRowコンポーネントのout(Input)テーブルとtLogRow(Output)テーブルに追加します。
  3. tFileInputDelimitedコンポーネントの[File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで既に作成したテキストファイルを指定します。詳細は、前提条件をご参照ください。
  4. tHMap[Advanced settings] (詳細設定)[Map Variable] (マップ変数)フィールドと[Alternate contextual Map(s)] (代替コンテキスト変数)フィールドに詳細を入力します。
  5. tHMapをダブルクリックして[tHMap Structure Generate/Select] (tHMap構造の生成/選択)ウィンドウを表示します。入力構造と出力構造の両方で、[Generate hierarchical mapper structure based on the schema] (スキーマに基づいて階層マッパー構造を生成)をオンにします。
  6. 入力行を[tHMap Structure] (tHMap構造)の出力行にマッピングします。