tHMapの設定 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

インポートしたデータベーステーブルを接続できる、tHMapコンポーネントを含めた新しいジョブを作成します。

手順

  1. 新しいジョブを作成します。
  2. [Db Connections] (DB接続)からデータベーステーブルをドラッグ&ドロップし、tOracleInputを選択します。
  3. 次のコンポーネントを追加します。
    • tHMap
    • tLogRow
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って以下のコンポーネントを接続します。
    • tOracleInputデータベース接続からtHMap
    • tHMapからtLogRow
  5. 出力名を入力するように求められたら、xmloutと入力します。
  6. tHMapをダブルクリックして[Structure Generate/Select] (構造の生成/選択)ウィンドウを表示します。
  7. [Generate hierarchical mapper structure based on the schema] (スキーマに基づいて階層マッパー構造を生成)オプションをオンにして、構造を自動的に生成します。