ジョブを作成 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

tHMap、tFileInputRaw、tFileInputDelimited、tContextLoad、tLogRowを含んだジョブを作成します。

手順

  1. 標準ジョブを作成して次のコンポーネントを追加します。
    • tFileInputRaw
    • tHMap
    • tLogRow
    • tFileInputDelimited
    • tContextLoad
    注: tContextLoadにより、コンテキスト変数値をランタイム時に変更できます。このコンポーネントでは、2つのカラム(keyvalue)と共に事前定義されたスキーマを使います。keyはコンテキスト変数の名前を、valueは対応する変数の新しい値を参照します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってコンポーネントを接続します。
  3. 出力名を入力するように求められたら、outと入力します。