AgConcatへのDatabaseLookupの移行 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

tHMapを適切に設定したので、Talend Data Mapperによって、データベース入力接続を示す複数のレコードを持つ新しいマップが自動的に生成されます。

手順

  1. tHMapを選択して、[Input Map] (入力マップ)ペインと[Output XML] (出力XML)ペインを表示します。インポートされたデータベーステーブルが入力ペインに含まれていることをご確認ください。
  2. AgConcat関数を使って、DatabaseLookup関数を置き換えます。
    1. [Input (Map)] (入力(マップ))からrow2AgConcat表現にドラッグします。
    2. [Loop Expression] (ループ表現)SimpleLoopを設定します。
    3. 同じフィルター値を使用します。DatabaseLookup関数を使ってジョブにフィルター値を指定してある場合は、それらのフィルター値を再利用します。