IOデータベース機能をtHMapマルチ出力データベース接続に移行 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

tHMapは複数の出力接続をサポートします。IOデータベース関数を使って既にジョブを作成してある場合、マルチ出力機能の使用へとこれらのジョブを移行できます。

前提条件

  • データベース接続から作成したTalend Data Mapper構造があること。
  • テーブルごとにDatabaseInsertまたはDatabaseUpdate IO/Database出力関数と一緒に、折り返された複数テーブル構造を使用するTalend Data Mapperマップがあること。
  • [Downloads] (ダウンロード)タブの添付サンプルプロジェクトを使う場合は、ローカルサーバーでサンプルデータベーススクリプトを使ってデータベースを作成する必要があります。