ジョブの移行 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

データベースを出力接続としてtHMapに追加します。

手順

  1. [Metadata] (メタデータ) > [Db Connections] (DB接続)を右クリックし、[Create connection] (接続の作成)を選択して新しいデータベース接続を追加します。
  2. 新規作成したデータベース接続を右クリックして[Retrieve Schema] (スキーマの取得)を選択します。必要なスキーマをインポートします。
  3. 既存のジョブでデータベース接続をドラッグ&ドロップし、接続コンポーネントを選択します。この例では、tOracleConnectionを使用し、[Trigger] (トリガー) > [On Subjob OK] (サブジョブがOKの場合)接続を使って接続します。
  4. ジョブでデータベーステーブルをドラッグ&ドロップし、対応する出力コンポーネントを選択します。この例では、tOracleOutputを使用します。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って各出力コンポーネントを接続します。Talend Data Mapperマップの出力構造のデータベーステーブル名と同じ名前を出力名として入力します。
    tHMapマップエディターを開いた時点では、出力接続の追加後でも同期チェックや推奨は行われません。デー手ベーステーブルのスキーマアップデートを構造で同期する場合は、Sデータベーステーブルのスキーマの同期をご参照ください。
  6. [Trigger] (トリガー) > [OnComponentOk] (コンポーネントがOKの場合)を使ってtOracleCommitを追加し、tHMapに接続します。
  7. ジョブを実行して、データベーステーブルのデータをチェックします。