データベーステーブルスキーマの同期 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

データベーステーブルスキーマで行われた変更をリロードします。

手順

  1. [Metadata] (メタデータ) > [Db Connections] (Db接続)で作成したデータベース接続を右クリックして[Retrieve Schema] (スキーマの取得)を選択します。
  2. ジョブでデータベース出力コンポーネント、tOracleOutputをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)タブを表示します。
    1. [Edit Schema] (スキーマを編集)を選択します。
    2. カラムを同期します。
  3. マッピングビューに進んで[Hierarchical Mapper] (階層マッパー) > [Databases] (データベース)にアクセスします。
    1. 作成したデータベースを右クリックします。
    2. [[Re]Load Table Definitions] ([Re]テーブル定義のロード)を選択します。
  4. [Hierarchical Mapper] (階層マッパー) > [Maps] (マップ)にアクセスします。
    1. 適切なジョブを選択します。
    2. tHMapを右クリックして[Synchronize with Structures] (構造と同期)を選択します。