tFileInputRawの設定 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

tFileInputRawはrawファイルの全データを読み取り、別のコンポーネントによる後続の処理のために単一出力カラムにこのデータを送信します。

手順

  1. 最初のtFileInputRawをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)タブを表示します。
  2. 以下に示すように、[Filename] (ファイル名)フィールドで、ダウンロードしたペイロード入力ファイルのファイルパスを指定します。
  3. 2番目のtFileInputRawコンポーネントに対して手順1と2を繰り返します。