tHMapのプロパティの定義 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. tHMapコンポーネントを選択してそのプロパティを定義します。
  2. [Map Path] (マップパス)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックしてピッカーを開き、使用するマップMaps/CSV/POPayPalCsv_PO2を選択します。そして[OK]をクリックします。このマップはCSVファイルをXMLファイルに変換します。
  3. [Read Input As] (入力の読み取り...)[Single Column] (単一カラム)に設定されていることを確認します。
  4. [Write Output As] (出力の書き込み...)[String (single column)] (文字列(単一カラ))に設定されていることを確認します。