tFixedFlowInputのプロパティの定義 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントを選択してそのプロパティを定義します。
  2. [Basic settings] (基本設定)タブの[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、スキーマを定義します。
  3. String型のカラムを1つ追加してinputKeyという名前に変更し、[OK]をクリックします。
  4. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Table] (インラインテーブルの使用)ラジオボタンをオンにし、[+] ボタンをクリックしてそれぞれ二重引用符で囲んだ値を入力することで、3つの値をinputKeyカラムに追加します。この例で使用する値はvalue1value2value3です。