3番目のtJavaコンポーネントのプロパティの定義(RunIf) - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. tJavaコンポーネントを選択してそのプロパティを定義します。このコンポーネントは、マップ自体内で(情報ステータスより高い)エラーが発生した場合に実行されます。
  2. 次のコードを[Code] (コード)セクションに追加します。
    System.out.println("tJava_3: Run If"); 
    org.talend.transform.runtime.common.MapExecutionStatus status = ((org.talend.transform.runtime.common.MapExecutionStatus) globalMap.get("tHMap_1_EXECUTION_STATUS")); 
    System.out.println("Execution result:" + status.getOverallSeverity()); 
    System.out.println(status.toString()); 
    // XML version of ExecutionStatus object 
    java.io.StringWriter sw = new java.io.StringWriter(); 
    status.exportToXml(sw); 
    System.out.println("ExecutionStatus as XML"); 
    System.out.println(sw.toString());