tHMapのプロパティの定義 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. tHMapコンポーネントを選択してそのプロパティを定義します。
  2. [Open Map Editor] (マップエディターを開く)フィールドの横の[...]ボタンをクリックして、tHMapの入力と出力を基に新しいマップを作成します。
  3. [tHMap Structure Generate/Select] (tHMap構造の生成/選択)ダイアログボックスが開いたら、[Generate hierarchical mapper structure based on the schema] (スキーマに基づいて階層マッパー構造を生成)を選択し、[Next] (次へ)をクリックして入力構造を生成します。
  4. 出力構造についても同じ手順を実行します。
  5. マップエディターが開いたら、[Input (map)] (入力(マップ))inputKeyエレメントを[Output (map)] (出力(マップ))outputKeyエレメントにドラッグして変更内容を保存します。
  6. ジョブに戻り、tHMapコンポーネントで、[Exception Threshold] (例外しきい値)ドロップダウンリスト([Advanced Settings] (詳細設定)タブ)の値を[Fatal] (致命的)のままにします。
  7. [Basic settings] (基本設定)タブで、[Read Input As] (入力の読み取り…)[Data Integration columns] (データ統合カラム)に設定されていることを確認します。
  8. [Write Output As] (出力の書き込み...)[Data Integration columns] (データ統合カラム)に設定されていることを確認します。