エラー処理 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

このシナリオは、Talend Data Management Platform、Talend Big Data Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Services Platform、Talend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご参照ください。

このシナリオでは、tHMapコンポーネントを使ってエラー状態を処理する方法を示す6コンポーネントジョブを作成します。

tHMapTalend Data Mapperマップを実行する時は常にExecutionStatusオブジェクトが返されます。このオブジェクトへのポインターは<tHMap_id>_EXECUTION_STATUSとしてglobalMapに保存されます。また、[Overall Severity] (全体的な重大度)の数値も<tHMap_id>_EXECUTION_SEVERITYとしてglobalMapに保存されます。

最後に、[Exception Threshold] (例外しきい値)というパラメーターが定義されます。これによって例外を返す重大度が指定され、ジョブ関連またはコンポーネント関連のエラー処理がトリガーされます。この値は、[Advanced settings] (詳細設定)タブにあるtHMapのプロパティで定義できます。このパラメーターのデフォルト値は[Fatal] (致命的)です。

org.talend.transform.runtime.common.MapExecutionStatusの次の関数を使えば、マップの実行に関する情報を取得できます。
  • getOverallSeverity(): 最高レベルの重大度を数値で返します。
    • INFOの場合は1が返されます。
    • WARNの場合は2が返されます。
    • ERRORの場合は4が返されます。
    • FATALの場合は0x40が返されます。
  • isOK(): 警告、エラー、致命的ステータスがない場合はtrueが返されます。
  • exportToXml(writer): ステータス項目をXML形式で書き込みます。