さまざまな条件下でのジョブの実行 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [Run] (実行)タブで[Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
    この場合、エラーが発生しないので、2番目のtJavaコンポーネントのみがジョブによってトリガーされます。
  3. tHMapコンポーネントをダブルクリックして、マップエディターを開きます。
  4. outputKeyエレメントを右クリックして、[Go to Structure Element] (構造エレメントに移動)をクリックします。
  5. [Read Only] (読み取り専用)から開いたtHMap_1_output[Editable] (編集可能)に変更し、outputKeyデータ型[Integer (32)] (整数(32))に変更します。つまり、このエレメントはInteger型にしか設定できず、入力データに一致しないため、エラーが発生します。
  6. [Run] (実行)タブで[Run] (実行)をクリックして再びジョブを実行します。
    この場合、エラーが発生していても、2番目のtJavaコンポーネントがジョブによってトリガーされます。これは、例外がスローされる(これにより、下流コンポーネントがエラーを検出することが可能)上記のしきい値が[Fatal] (致命的)に設定されているためです。ただし、マップの実行にエラーがあるため、3番目のtJavaコンポーネントもトリガーされます。
  7. tHMapコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント) > [Advanced settings] (詳細設定)をクリックして、[Exception Threshold] (例外しきい値)ドロップダウンリストの値をErrorに変更します。これで、マップの状態がエラー以上の重大度になると例外がスローされます。
  8. [Run] (実行)タブで[Run] (実行)をクリックして再びジョブを実行します。
    この場合、ジョブによってエラーが検出され、最初のtJavaコンポーネント(OnSubjobError)がトリガーされます。