tRowGeneratorの設定 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

tRowGeneratorはスキーマtHMapジョブで入力フローを作成します。このシナリオでは、2つのtRowGeneratorコンポーネントを追加します。

手順

  1. 最初のtRowGeneratorをダブルクリックして[Schema of tRowGenerator] (tRowGeneratorのスキーマ)ウィンドウを表示します。
  2. 以下の詳細の3つのカラムを追加します。
    • Type (型): 文字列
    • Functions (関数): TalendDataGenerator.getFirstName()

    例え

  3. 2番目のtRowGeneratorをダブルクリックして[Schema of tRowGenerator] (tRowGeneratorのスキーマ)ウィンドウを開きます。
  4. 以下の詳細の2つのカラムを追加します。
    • Type (型): 文字列
    • Functions (関数): TalendDataGenerator.getLastName()

    例え