マップの作成 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. リポジトリーツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [Hierarchical Mapper] (階層マッパー)を展開し、[Maps] (マップ)を右クリックしてから[New] (新規) > [Map] (マップ)をクリックします。
  2. [Select Type of New Map] (新しいマップのタイプの選択)ダイアログボックスが表示されたら、[Standard Map] (標準マップ)をクリックして[Next] (次へ)をクリックします。
  3. 新しいマップに、この例ではjson2xmlという名前を付け、[Finish] (終了)をクリックします。
  4. 既に作成してあるgdelt-onerec構造をマップの入力側と出力側の両方にドラッグします。
  5. マップの出力側で、[Output (JSON)] (出力(JSON))をダブルクリックしてマップの[XML]出力表現を選択して、使用されている表現をJSONからXMLに変更します。
  6. マップの入力側からルートエレメントを出力側のルートエレメントにドラッグします。この操作により、入力側の各エレメントが出力側の対応するエレメントにマッピングされます。このマップはテスト用の非常にシンプルなマップになります。
  7. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。