tHMapFileのプロパティの定義 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. ジョブでtHMapFileコンポーネントを選択してプロパティを定義します。
  2. [Define a storage configuration component] (ストレージ設定コンポーネントを定義)チェックボックスをオンにし、ドロップダウンリストの中から使用するコンポーネントの名前を選択します。この例では、tHDFSConfiguration_1です。
    [Define a storage configuration component] (ストレージ設定コンポーネントを定義)チェックボックスをオンにしない場合、ファイルをローカルでしか変換できません。
  3. [...]ボタンをクリックし、[Component Configuration] (コンポーネントの設定)ウィンドウの[Record Map] (マップを記録)フィールドの横にある[Select] (選択)ボタンをクリックします。
  4. [Select a Map] (マップの選択)ダイアログボックスが開いたら、使用するマップを選択して[OK]をクリックします。この例では、今作成したjson2xmlマップを使用します。
  5. [Next] (次へ)をクリックします。
  6. 新しい各レコードの開始位置をコンポーネントに伝える、データの適切なレコード区切りを選択します。
    この例では各レコードが改行されているので、[Separator] (区切り文字)を選択し、改行文字、この例では\nを選択します。
  7. [Finish] (終了)をクリックします。
  8. [Input] (入力)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして入力ファイルへのパスを定義します。この例では、/talend/input/gdelt.jsonです。
  9. [Output] (出力)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、格納する出力ファイルへのパスを定義します。この例では、/talend/outputです。
  10. その他の基本設定はそのままにしておきます。