ジョブを作成し、設定する - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

Studioで、入力payload(XML表記ろなる)、スキーマ出力、payload出力(XML表記となる)、tHMapRecordが含まれるビッグデータストリーミングジョブを作成します。

手順

  1. [Job Designs] (ジョブデザイン) > [Big Data Streaming] (ビッグデータストリーミング)に移動し、ジョブを作成します:
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってコンポーネントを接続します。出力名の入力を求めるメッセージが表示されたら、schemaOutpayloadOutをそれぞれ入力します。
  3. tFixedFlowInputを選択してスキーマを編集します。
    1. 文字列型の新しいカラムpOutを追加します。
    2. [OK]をクリックします。
  4. 最初のtLogRowを選択してスキーマを編集します。
    1. 文字列型の2つのカラム、abを追加します。
    2. [OK]をクリックします。
    3. [Sync columns] (カラムを同期)をクリックします。
  5. 2番目のtLogRowを選択してスキーマを編集します。
    1. 文字列型のカラムを追加します。
    2. [OK]をクリックします。
    3. [Sync columns] (カラムを同期)をクリックします。
  6. tHMapRecordコンポーネントをダブルクリックして構造を設定します。
    1. row1入力接続には、XML表記のウィザードからpayload構造を選択します。
    2. payloadOut出力接続には、XML表記のウィザードからpayload構造を選択します。
      Talend Data Mapperは複数のカラムを持つため、schemaOut出力接続の対応する構造を自動的に生成します。payload構造を設定すると、Talend Data Mapperは新しいマルチ出力またはラッパー構造を持つマップを自動的に作成します。それには、schemaOut接続用に、選択されたpayloadOut構造とAVRO表記の生成された構造が含まれています。
    tHMapRecordマップビューが開きます。
  7. 入力エレメントを出力エレメントにマッピングします。

    入力payload構造はXML表記を持ち、他方、マルチ出力またはラッパー構造はpayload接続の最初の構造表記を使います。後者はこの場合、XMLです。

  8. ジョブを実行します。