ローカルファイルからデータセットを開く - 8.0

Talend Data Preparation入門ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Preparation
Content
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

顧客データを含んだファイルをインポートし、最初のプレパレーションを作成します。

Talend Data Preparationにログインすると、[Preparations] (プレパレーション)ビューが表示されます。

このビューにはすべてのプレパレーション、つまり操作を行ったデータセットが表示されます。今は空の状態ですが、顧客データへの作業はここに保存されます。このビューでは、新しいプレパレーションを追加し、フォルダーに整理できます。

未加工データを含んだ顧客ファイルをインポートするには、次の手順を実行します。

始める前に

ドキュメンテーションページの[Downloads] (ダウンロード)タブで、customers.xlsxファイルを取得します。

手順

  1. 左パネルのメニューで[Datasets] (データセット)を選択し、データセットのリストを開きます。
  2. 前にダウンロードしたcustomers.xlsxデータセットをインポートする場合は、[Add dataset] (データセットを追加)ボタンをクリックし、ファイルを参照してこのデータセットを開きます。
  3. 左上の[Go back] (戻る)矢印をクリックしてデータセットリストに戻ります。
  4. 左パネルのメニューから[Preparations] (プレパレーション)を選択します。
  5. [Add preparation] (プレパレーションの追加)ボタンをクリックします。
  6. [Preparation Name] (プレパレーション名)フィールドに、プレパレーションに付ける名前を入力します。このサンプルでは、customers_preparationです。
  7. [Import file] (ファイルのインポート)をクリックして、customers.xlsxファイルを選択します。
  8. [Open] (開く)をクリックします。

タスクの結果

レシピが空のプレパレーションの形でプレパレーションが開きます。データはまだ変更されていませんが、プレパレーションとして保存されているので、プレパレーションステップの適用を開始できます。

customers.xlsxデータセットをインポートし、[Add preparation] (プレパレーションの追加)ボタンを使って対応するプレパレーションが作成済みのため、customers_preparationへの変更はすべて自動的に保存されます。インポートした未加工データセットについては、[Datasets] (データセット)ビューで表示できます。データは変更されていない状態です。