全単射データマスキング - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
全単射マスキングファンクションには以下の特性があります。
  • 一貫性のあるマスキングファンクションです。
  • これらは単射です。すなわち、2つの異なる入力値に対して2つの異なるマスク値が出力されます。
  • 入力値が有効な形式であることが確認されます。入力値が有効であれば、全単射マスキングファンクションは有効な値を出力します。入力値が有効でない場合は、使っているマスキングファンクションに応じて、無効な値が出力されるか、値がnullに置換されます。
たとえば、次の図は、tDataMaskingコンポーネントがどのようにしてデータを全単射でマスクするかを示す例です。
  • Aの値は、入力データセット内の出現数には関係なく、Dでマスクされます。
  • Bの値はEでマスクされています。
  • Cの値はFでマスクされています。