日付の差異 - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

このファンクションは、追加パラメーターとして指定された日数で入力の日付を変更します。

入力された日付がNullの場合、関数は現在の日付を返します。

オプション 説明
追加パラメーター このファンクションには追加パラメーターが必要です。

追加パラメーターは日数である必要があります。

追加パラメーターが0またはNullの場合、または数値でない場合、パラメーターは31に置き換えられます。

たとえば、入力日付が05-11-2016の場合、生成される日付は04-10-2016 (入力日の31日前)と06-12-2016 (入力日の31日後)の間でランダムに選択されます。

最初の例では、追加パラメーターは"0"です。ファンクションはこの値を31に置換します。生成される日付07-07-2018は、01-06-2018 (入力日の31日前)と02-08-2018 (入力日の31日後)の間でランダムに選択されます。

最初の例では、追加パラメーターは"4"です。生成される日付01-07-2018は、29-06-2018 (入力日の4日前)と06-08-2018 (入力日の4日後)の間でランダムに選択されます。

入力値 追加パラメーター マスクされた値の例
02-07-2018 "0" 07-07-2018
02-07-2018 "4" 01-07-2018