クレジットカードをマスクして銀行を保持する - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
この関数は有効なクレジットカード番号をマスクし、銀行ID番号/発行元ID番号(BIN/IIN)を保持します。 出力値は有効なクレジットカード番号です。
この関数は:
  • 最初の6桁を保持し、
  • 他の桁をマスクし、
  • Luhnアルゴリズムを使って最後の桁を生成します。

2つの方法があります: [FF1 with AES] (FF1とAES)および[FF1 with SHA-2] (FF1とSHA-2)。このファンクションには英字と追加パラメーターは不要です。

次の例では、入力値のスペースを保持するために[Keep format] (形式を維持する)チェックボックスがオンになっています。

クレジットカード番号 メソッド マスクされた値の例

4570 5624 6978 6793

FF1とAES

4570 5678 2786 4430

374140537770721

FF1とAES

374140100455098

5168690988613241

FF1とSHA-2

5168699616108078

5158495805899854

FF1とSHA-2

5158494455420285

0123 4567 8987 6543 210 FF1とAES null