ランダムデータマスキング - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

ランダムマスキングでは、ランダムに生成された値で入力値がマスクされます。

入力データセット内に同じ値の複数の出現がある場合に、異なる値でマスクできます。

入力データセット内の異なる値を同じ値でマスクできます。

たとえば、次の図は、tDataMaskingコンポーネントがどのようにしてデータをランダムにマスクするかを示す例です。
  • Aの値は、入力データセット内に初めて出現した時にDでマスクされます。
  • BCの値はEでマスクされます。
  • Aの値は、入力データセット内での出現が2回目の場合にFでマスクされます。
ランダムマスキング操作の例

ランダムデータマスキングの例

次のテーブルは、Replace first n charsファンクションを使って生成されたマスク値の例を示しています。
入力値 追加パラメーター マスクされた値の例
newuser@domain.com "4" ohsbser@domain.com
admin@company.com "4" lneen@company.com
newuser@domain.com "4" qzmaser@domain.com
次のテーブルは、Generate from patternファンクションを使って生成されたマスク値の例を示しています。
入力値 追加パラメーター マスクされた値の例
newuser@domain.com "aaaaaa" rxvsas
admin@company.com "aaaaaa" bbwpba
newuser@domain.com "a9aaa9" r8daw1
次のテーブルは、Generate French SSN numberファンクションで生成されたマスク値の例を示しています。
入力値 マスクされた値の例
190049418437621 2590459222147 22
271083561478941 1900846274448 17
190049418437621 2730364078284 70
117029 1750694861914 69