データ値の変更による実際の機密データの使用制限 - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

このシナリオは、Talend Data Management Platform、Talend Big Data Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Services Platform、Talend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

tDataMaskingコンポーネントを使用すると、クレジットカードや社会保障番号などの機密情報を実際的な他の値に置き換えつつ、テストやトレーニングなどの目的で本番データを安全に使用できるようになります。

このシナリオのジョブでは、以下のコンポーネントを使用しています:

  • tFixedFlowInputコンポーネントは、クレジットカード番号を含む個人データを生成するために使用します。

  • tDataMaskingコンポーネントは、ランダムな文字や数字で特定の元のデータを非表示にします。

  • tFileOutputExcelコンポーネントは、代替データセットを出力します。