出力コンポーネントの設定とジョブの実行 - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

手順

  1. tFileOutputExcelコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. 宛先ファイル名とシート名を設定し、[Define all columns auto size] (全カラムの自動サイズを定義する)チェックボックスをオンにします。
  3. ジョブを保存し、F6を押して実行します。
    tDataMaskingコンポーネントは、選択されたカラムのデータを置換し、結果を出力ファイルに書き込みます。
  4. 出力コンポーネントを右クリックし、[Data Viewer] (データビューアー)を選択して、 元のデータと置換された情報を表示します。
    tDataMaskingはマークされた元の行および代替行をORIGINAL_MARKカラムのtrueおよびfalseにそれぞれ出力します。本物でないクレジットカード番号を生成し、ファーストネームの最初の3文字を置き換え、姓をローカルファイルの名前に置き換え、最後にメールアドレスの@記号の前の部分をコンポーネントの基本設定で定義された名前で置き換えます。
    入力データの機密性の高い個人情報は「隠され」ますが、一貫性のあるリアルなデータにできます。代替データは本番環境以外で使用できます。