実際のデータをリアルな値に置き換える - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

手順

  1. tDataMaskingコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示してコンポーネントプロパティを定義します。
  2. 必要な場合は、[Sync columns] (カラムを同期)タブをクリックし、入力コンポーネントで定義されているスキーマを取得します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、スキーマダイアログボックスを開きます。
    tDataMaskingでは、下の画面で示されるように、1つの事前定義された読み取り専用カラムが提案されます。
    このカラムは、trueまたはfalseにより、レコードがそれぞれ元のレコードか代替レコードかが識別されます。
  4. 入力カラムのいずれかを出力スキーマに移動する結果に表示する場合は、[OK]をクリックして変更のプロパゲートを受け入れます。
  5. [Modifications] (変更)テーブルで、[+]ボタンをクリックして4行を追加し、以下のアクションを実行します。
    • [Input Column] (入力カラム)で、コンテンツを代替するカラムを選択します。
    • [Category] (カテゴリー)カラムで、データマスクに使用するファンクションが属しているカテゴリーをリストから選択します。
    • [Function] (ファンクション)カラムで、データマスクに使用するファンクションをリストから選択します。
    • 使用できる場合は、[Parameter] (パラメーター)カラムで、ファンクションがデータマスクに使うメソッドをリストから選択します。
    • 使用できる場合は、[Parameter] (パラメーター)カラムで、ファンクションがデータマスクに使う値、パターン、パスのいずれかを入力します。
    この例では、ジョブは本物でないクレジットカード番号を生成し、ファーストネームの最初の3文字を置き換え、姓をローカルファイルの名前に置き換え、メールアドレスのローカルパートをXで置き換えます。
  6. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックし、[Output the original row] (元の行を出力)チェックボックスをオンにします。
    ジョブにより、元のデータ行が代替データに追加されます。