tDuplicateRowの日付関数 - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

[Date] (日付)カラムの[Function] (関数)リストは日付固有のものになります。日付値に対する変更の種類を決定できます。

複製レコードの日付値を生成する方法は3つあります。

  • Modify date value (日付値を変更): 変更する年月日をランダムに選択し、乱数値を格納します。

  • Switch day month value (月日を切り替える): 月日の値を切り替えます。元の日付値が12を超える場合、新しい月の値は((N-1) mod 12) +1になります。例: 元の日付が13である場合、新しい月は1になります。

  • Replace by random date (ランダム日付による置換): 年月日の値のランダム日付を生成します。