マスキングオペレーションを設定 - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
入力電話番号の各部分に対する1つのマスキング操作を設定します。マスキングされた値の中の区切りはそのまま変わりません。

このタスクについて

このジョブでは、架空のオーストラリアの電話番号にXX XXXX XXXXの形式が使われています:
  • 2桁の市外局番
  • 区切りとしてのスペース
  • 最初の4桁の行番号
  • 区切りとしてのスペース
  • 2番目の4桁の行番号

手順

  1. tPatternMaskingコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. 必要な場合は、[Sync columns] (カラムを同期)タブをクリックし、入力コンポーネントで定義されているスキーマを取得します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、スキーマダイアログボックスを開きます。

    tPatternMaskingコンポーネントにより、読み取り専用カラムが出力スキーマに追加されます。

    ORIGINAL_MARKカラムラベルの出力レコード:

    • 元のレコードにはtrueラベルが付きます。
    • 代替レコードにはfalseラベルが付きます。
  4. [Modifications] (変更)テーブルで、[ + ]ボタンをクリックして3行を追加します。
    各行が入力電話番号の一部としてマスキング操作に対応します。
  5. [Modifications] (変更)テーブルで、最初の行を設定します。
    1. [Column to mask] (マスクするカラム)フィールドから、マスクするデータが保存されているカラムを選択します。
      この例では、PhoneNumberを選択します。
    2. [Field type] (フィールドタイプ)フィールドから、データが属しているフィールドタイプとして[Enumeration] (列挙)を選択し、[Values] (値)フィールドに"02,03,07,08"と入力します。
      2桁のエリアコードがそれらの値の1つによってマスクされます。
  6. [Modifications] (変更)テーブルで、2番目の行を設定します。
    1. [Column to mask] (マスクするカラム)フィールドから、マスクするデータが保存されているカラムを選択します。
      この例では、PhoneNumberを選択します。
    2. [Field type] (フィールドタイプ)フィールドから、データが属しているフィールドタイプとして[Interval] (間隔)を選択し、[Range] (範囲)フィールドに"2000,9999"と入力します。
      4桁の行番号は、いずれかの値でマスクされます。
  7. [Modifications] (変更)テーブルで、3番目の行を設定します。
    1. [Column to mask] (マスクするカラム)フィールドから、マスクするデータが保存されているカラムを選択します。
      この例では、PhoneNumberを選択します。
    2. [Field type] (フィールドタイプ)フィールドから、データが属しているフィールドタイプとして[Interval] (間隔)を選択し、[Range] (範囲)フィールドに"0000,9999"と入力します。
      4桁の行番号が定義済みの範囲内の値でマスクされます。
  8. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックし、[Output the original row?] (元の行を出力しますか?)チェックボックスをオンにします。
    ジョブは元のレコードと代替レコードを出力します。
  9. [Method] (メソッド)リストから[FF1 with AES] (FF1およびAES)を選択し、暗号化されたマスク値を生成します。

    FF1メソッドを使用する時に、コンポーネントが入力パターンから生成できる可能な値の数は1,000,000以上であることが必要です。

  10. [Password or 256-bit key for FF1 methods] (FF1メソッドのパスワードまたは256ビットキー)にパスワードを入力し、マスクされた一意値を生成します。
    このパスワードは、データのマスク解除にも必要です。