銀行口座番号をマスクするために使用するデータマスキングファンクションはどれですか? - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント

IBAN番号はいくつかのエレメントで構成されています。データマスキングファンクションに使用される用語は次のとおりです。
  • 黒: 国コード
  • コーラル: チェックディジット
  • ライトブルー: 銀行/支店コード
  • 濃い青: 口座番号
  • グレー: 国のチェックディジット。IBAN番号における位置は国によって異なります。

    一部の国では、国のチェックディジットを使用していません。

銀行口座番号を他の銀行口座番号でマスクするには、さまざまなデータマスキングファンクションを使用できます。次のテーブルは、どのファンクションが最適かを判断するのに役立つように、それらをまとめたものです。
ファンクション 口座番号を生成して元の国を保持 [Mask bank code and account number and keep original country] (銀行コードと口座番号をマスクし、元の国を保持) [Mask account number and keep original country and bank code] (口座番号をマスクし、元の国と銀行コードを保持)
動作
  • 入力有効*: 対応する国に準拠した銀行口座番号を生成します
  • 入力無効*: フランスのIBAN番号を生成します

フォーマット保持暗号化を使用します

  • 入力有効*: 銀行口座番号をマスクします
  • 入力無効*: 入力データを"無効な"フローに送信するか、メインフローでnullを返します

フォーマット保持暗号化を使用します

  • 入力有効*: 銀行口座番号をマスクし、銀行/支店コードを保持します
  • 入力無効*: 入力データを"無効な"フローに送信するか、メインフローでnullを返します
* 入力が有効かどうかを判断するために、ファンクションはさまざまな条件を検証します。
[Input validation] (入力検証) 1 国コードを検証します
形式を検証します
IBANチェックディジットを検証します
国のチェックディジットを検証します 2 2
銀行/支店コードを検証します
[Output validity] (出力の妥当性) 1 有効な国コード
有効な形式
有効なIBANチェックディジット
有効な国のチェックディジット 2 2 2
有効な銀行/支店コード 3

1国コードに準拠

2 一部の国の場合(以下のリストを参照)。その他の国では、国のチェックディジットが無効な場合があります。

3 入力銀行/支店コードが有効な場合。

どの国のチェックディジットが処理されますか?

次の国のチェックディジットが処理されます。
  • ベルギー
  • ボスニア
  • クロアチア
  • チェコ共和国
  • エストニア
  • フランス
  • ハンガリー
  • イタリア
  • モーリタニア
  • モナコ
  • モンテネグロ
  • ノルウェー
  • ポルトガル
  • サンマリノ
  • セルビア
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • 東ティモール
  • チュニジア
他の国のチェックディジットはサポートされていますが処理されません。これは、国のチェックディジットが対応する国に準拠しているかどうか関数が判別できないことを意味します。

一部の国では、国のチェックディジットを使用していません。