ユーティリティJARファイルをローカルMavenリポジトリーに公開する - 8.0

データサービスとルーティングの例

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン
コマンドラインコンソールを開いて、ユーティリティJARファイルをローカルMavenリポジトリーにデプロイします。

手順

  1. 次のコマンドを実行し、システムルーチンをデプロイします: mvn install:install-file -DgroupId=org.talend.camel -DartifactId=systemRoutines -Dversion=1.0.0 -Dfile=./src/ext/systemRoutines.jar -Dpackaging=jar -DgeneratePom=true
  2. 次のコマンドを実行し、ユーザールーチンをデプロイします: mvn install:install-file -DgroupId=org.talend.camel -DartifactId=userRoutines -Dversion=1.0.0 -Dfile=./src/ext/userRoutines.jar -Dpackaging=jar -DgeneratePom=true

タスクの結果

これで、単体テストを行うために必要なすべての依存項目が整いました。