コンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

Defining Context Groups

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > コンテキストグループの定義

手順

  1. 最初のtMysqlConnectionをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。tMysqlConnectionパラメーターの詳細は、tMysqlConnectionをご覧ください。
    このコンポーネントを使用して、[project_q1]という名前のMySQLデータベースの接続をオープンします。
  2. 同じように2番目のtMysqlConnectionコンポーネントを設定します。ここでは、別のMySQLデータベース[project_q2]の接続をオープンするため、[Database] (データベース)フィールドにproject_q2と入力します。
  3. tMysqlInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  4. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにし、[Component List] (コンポーネントリスト)ボックスはそのままにします。
  5. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、 データを読み取るデータベーステーブルのデータ構造を定義します。
    この例では、データベーステーブル構造は[id] (整数タイプ、2文字)[firstName] (文字列タイプ、15文字)[lastName] (文字列タイプ、15文字)、および[city] (文字列タイプ、15文字)という4つのカラムで構成されています。完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スキーマ設定を後続のコンポーネントにプロパゲートさせます。
  6. [Table] (テーブル)フィールドにデータベーステーブル名、この例ではcustomers)を入力し、[Guess Query] (クエリーを推測)をクリックして、[Query] (クエリー)フィールドのテーブルスキーマに対応するクエリーステートメントを生成します。
  7. [Dynamic settings] (ダイナミック設定)ビューで、[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、先ほど作成したコンテキスト変数のコードスクリプト、この例では" + context.myConnection + "[Code] (コード)フィールドに入力します。
  8. tLogRowコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Table] (テーブル)オプションを選択して、ジョブ実行結果の表示効果を向上させることができます。
  9. tMysqlCloseコンポーネントの[Dynamic settings] (ダイナミック設定)ビューでは、 tMysqlInputコンポーネントの[Dynamic settings] (ダイナミック設定)ビューとまったく同じ操作を行い ます。