最初のサブルートを設定する - Cloud - 8.0

Direct (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cTimerコンポーネント(この例ではStarterという名前)をダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Repeat] (繰り返し)フィールドに1を入力して、メッセージ交換が1回だけトリガーされるようにします。その他の設定はそのままにしておきます。
  3. cSetHeaderコンポーネント(この例ではSet_message_headersという名前)をダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [+]ボタンをクリックして[Headers] (ヘッダー)テーブルに2つのヘッダーを追加し、各ヘッダーに名前と値を指定します。
    この例では、ヘッダーにそれぞれNameおよびCompanyという名前を付け、値としてBillおよびTalendを入力します。
  5. cSetBodyコンポーネント(この例ではSet_message_bodyという名前)をダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. この例ではシンプルテキストのメッセージ交換をトリガーするので、[Language] (言語)リストからSIMPLEを選択します。
  7. [Expression] (式)フィールドに、メッセージボディのコンテンツとしてHi thereを二重引用符で囲んで入力します。
  8. 最初のcDirectVMコンポーネント(この例ではD-VM_producerという名前)をダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. 既存のコンシューマーエンドポイントを選択するか、コンシューマーエンドポイントの名前を指定します。
    この例では、コンシューマーエンドポイントにdvmという名前を付けるので、[Input Endpoint Name] (入力エンドポイント名)オプションを選択し、[Endpoint Name] (エンドポイント名)フィールドにコンシューマーエンドポイントdvmの名前を入力します。