入力スキーマの設定 - Cloud - 8.0

ELT Hive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント

手順

  1. [Customer] (顧客)リンクを使ってtELTHiveInputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. ボタンを必要な回数クリックしてカラムを追加し、名前を変更して、既にHiveで作成済みのcustomerテーブルのスキーマを複製します。
    取得してリポジトリーに保存したcustomerスキーマを使って、このスキーマを設定することもできます。Hiveへの接続を設定し、スキーマを取得して[Repository] (リポジトリー)に保存する方法については、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  4. [Default table name] (デフォルトテーブル名)フィールドに、このコンポーネントで処理する入力テーブルの名前、customerを入力します。
  5. state_cityリンクを使って他のtELTHiveInputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  7. ボタンを必要な回数クリックしてカラムを追加し、名前を変更して、既にHiveで作成済みのstate_cityテーブルのスキーマを複製します。
  8. [Default table name] (デフォルトテーブル名)フィールドに、このコンポーネントで処理する入力テーブルの名前、state_cityを入力します。