出力スキーマの設定 - Cloud - 8.0

ELT Hive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント

手順

  1. tELTHiveOutputをダブルクリックして、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. このコンポーネントに先行コンポーネントと同じスキーマが存在しない場合は、警告アイコンが表示されます。その場合は、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、先行コンポーネントのスキーマを取得します。取得すると警告アイコンが消えます。
  3. [Default table name] (デフォルトテーブル名)フィールドに、データを書き込む出力テーブルを入力します。この例では、agg_resultです。
  4. [Field partition] (フィールドパーティション)テーブルのをクリックして、行を1つ追加します。これで、agg_resultテーブルのパーティションカラムにデータを書き込めます。
    このパーティションカラムは、前述のCreateステートメントでpartitioned by (type string)を使ってagg_resultテーブルを作成すると同時に定義されます。このパーティションカラムは、顧客のタイプを記述するtypeです。
  5. [Partition column] (パーティションカラム)typeを二重引用符で囲んで入力し、[Partition value] (パーティション値)prospectiveを二重引用符で囲んで入力します。