スキーマのマッピング - Cloud - 8.0

ELT Hive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Hiveコンポーネント

手順

  1. [ELT Hive Map Editor] (ELT Hiveマップエディター)をクリックして、スキーマをマッピングします。
  2. クリック[+]左上隅のボタンとポップアップダイアログボックスで、顧客テーブルを選択し、[OK]をクリックします。
  3. 操作を繰り返してstate_cityテーブルを選択します。
  4. customerテーブルのidstateカラムをstate_cityテーブルのidカラムにドラッグアンドドロップします。これで、内部結合が自動的に作成されます。
  5. 出力側(図の右側)のagg_resultテーブルには最初、何も入っていません。出力側の下部のをクリックして、必要な数のカラムを追加して名前を変更し、既にHiveで作成済みのagg_resultテーブルのスキーマを複製します。
    注:

    typeカラムはagg_resultテーブルのパーティションカラムなので、このスキーマで複製しないでください。Hiveテーブルのパーティションカラムの詳細は、Hiveのマニュアルを参照してください。

  6. customerテーブルのidnameaddresssum1agg_resultテーブルの対応するカラムにドロップします。
  7. state_cityテーブルのpostalstatecapitalmostpopulouscityagg_resultテーブルの対応するカラムにドロップします。

    このシナリオでは、コンテキスト変数はマップエディターの[Expression] (式)カラムで使用されません。コンテキスト変数を使用する場合は、一重引用符で囲んでください。たとえば次のような質問です:

  8. [OK]をクリックして、これらの変更を検証します。