ジョブを実行 - Cloud - 8.0

ELT MSSql

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT MSSqlコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT MSSqlコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT MSSqlコンポーネント
Last publication date
2024-02-28

手順

  1. Ctrl + Sキーを押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。

    上記のように、Talend Studioはジョブを正しく実行し、ターゲットテーブルに8行を挿入します。

    その後、tSnowflakeInputコンポーネントと tLogRowコンポーネントを使って、ターゲットテーブルからデータを取得するために別のジョブを作成して実行できます。下のスクリーンショットに示すように、集計されたデータがコンソールに表示されます。

    次の2つの図に示されているように、tWarnコンポーネントを使ってtELTOutputコンポーネントのQuery変数の値を取得すれば、生成されたSQL文を確認することもできます。

    Snowflakeからデータを取得する方法の詳細は、Snowflakeテーブルでデータを読み書きをご覧ください。