サブクエリーを使ったデータのマッピング - Cloud - 8.0

ELT Oracle

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
Last publication date
2024-02-22

このシナリオで説明されているサンプルジョブでは、サブクエリーを使って、2つの入力テーブル、PreferredSubjectCourseScoreのデータを出力テーブルTotalScoreOfPreferredSubjectにマッピングしています。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

前提条件:

ジョブを作成する前に、[Metadata] (メタデータ) > [Db Connections] (Db接続)セクションにOracleデータベース接続が追加されていることをご確認ください。詳細は、データベース接続を一元管理をご覧ください。

標準ジョブとプレジョブのデザイン

このシナリオでは、次のような標準ジョブをデザインします。

このシナリオでは、次のようにデータを含むプレジョブをデザインします。
PreferredSubjectテーブルには、生徒の選択科目データが含まれています。このシナリオを再現するには、CSVファイルから次のデータをOracleテーブルにロードします。
SeqID;StuName;Subject;Detail
1;Amanda;art;Amanda prefers art.
2;Ford;science;Ford prefers science.
3;Kate;art;Kate prefers art.
CourseScoreテーブルには、生徒の科目の得点データが含まれています。このシナリオを再現するには、CSVファイルから次のデータをOracleテーブルにロードします。
SeqID;StuName;Subject;Course;Score;Detail
1;Amanda;science;math;85;science score
2;Amanda;science;physics;75;science score
3;Amanda;science;chemistry;80;science score
4;Amanda;art;chinese;85;art score
5;Amanda;art;history;95;art score
6;Amanda;art;geography;80;art score
7;Ford;science;math;95;science score
8;Ford;science;physics;85;science score
9;Ford;science;chemistry;80;science score
10;Ford;art;chinese;75;art score
11;Ford;art;history;80;art score
12;Ford;art;geography;85;art score
13;Kate;science;math;65;science score
14;Kate;science;physics;75;science score
15;Kate;science;chemistry;80;science score
16;Kate;art;chinese;85;art score
17;Kate;art;history;80;art score
18;Kate;art;geography;95;art score
ジョブの実行前、出力テーブルTotalScoreOfPreferredSubjectにはデータが含まれていません。
SeqID;StuName;PreferredSubject;TotalScore