入力データと構造マッピングを設定する - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name] (ファイル名)フィールドに入力ファイルを指定し、[Header] (ヘッダー)フィールドに1を入力してヘッダー行をスキップし、残りのパラメーターはそのままにしておきます。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開いて、入力スキーマを次のように編集します。
    • id (Integer型、長さは2文字、キーカラムとして設定)

    • first_name (String型)

    • last_name (String型)

  4. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  5. 出力テーブルのルートノードの名前を変更します: ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Rename] (名前の変更)を選択し、ポップアップダイアログボックスに新しい名前(この例ではuser)を指定します。
  6. 入力テーブルにある3つのカラムをすべて選択し、userノードにドロップします。ポップアップダイアログボックスから[Create as sub-element of target node] (対象ノードのサブエレメントとして生成)オプションを選択し、これらのカラムをuserノードのサブエレメントとして設定します。終了したら[OK]をクリックしてマッピングを確定し、マップエディターを閉じます。